癌((がん)と共存!愛は癌(がん)よりも強し!心と体のケア法☆

彼の癌と共存した2年間で学んだ癌の知識、試した癌の治療法・抗癌剤、代替最先端治療、サプリ、ホスピス、在宅ケアまでの全ての情報を 今、闘病で辛い想いをされている方に伝え、少しでもお役に立てればとの想いから発信する実体験ブログ

末期がん告知の事、そしてリビングウィルについて・・5

癌告知・・ううん末期癌告知・・そして余命告知・・
彼の場合、何もかも1度期に・・淡々と告知された・・・
彼は、「それでよかった」と言っていた・・・
正直、私もそれでよかったと思っている
(余命に関してはどうかな・・??)
だけど・・・告知の仕方、そして告知後のフォローに関しては
最初の主治医には言葉にはださねど、憤りを感じたのは事実だ。

医師としての知識、経験、治療技術と共に「告知技術」も意識して
ほしいなと思いました。インフォームドコンセントという最先端的な
名前同様、「義務」のみで告知されてしまうと、冷たさのみが心に
いつまでも残って、癌治療そのものよりも受けた傷跡は大きく・・・
あとあとまでも癒されないものになりうるのではと思っています。

癌告知は、最初から本人に直接・・というケースは、告知なくしては
治療が困難という癌の種類もあったり、完治の見込みがある場合は
殆ど本人に告知されるのですが、末期がんで余命が・・という診断に
なると、先に家族に告知されることのほうがまだまだ多いわけです。

本人から「事実を言ってください」という要望があったとしても、家族が
「本人には言わないでください」と言えば、家族の反対を押し切ってまで
本人に告知する医師は殆どいないのではないでしょうか・・・
なぜ家族は反対するのか・・・
「可哀相で言えない」「半狂乱になったら・・、ショックで自殺したら・・」
「事実を知ってしまった本人と、どんな話し(接し方)をすればいいのか」
「最後まで治るという希望をもたせてやりたい」
「歳もとっているので、穏やかな気持ちのまま逝かせたい」

さまざまな告知後に予想される事態を回避しようとして、家族として
「告知はしないでください」という結論に至るのだと思います。
ただ・・告知しないのも「大変」です。
本人が「言葉にする、しない」は別にして、「病状がよくならない」ことに
疑問をもちます。そしてそれは病院に対し、医師に対しての不信感に
繋がり・・そのことを家族に言っても、なんとなく流されるような気がする。
嘘をつくこと・・つかれることの心理的な葛藤、作用にはとても辛いものが
あると思います。
こんな場合は事実を言ったほうが本人の気持ちが落ち着きます。

大切なことは、「伝えかた」なんだと思うのです。
医師にしても、立場的にも過大に感情移入などはできないでしょうが
「あなたの病名と治療法の選択肢はちゃんと伝えましたからね」という
ものは、ますます不安や絶望感を増強するだけのような気がします。
1から10まで、すべてを伝えれば「それで告知義務は果たした」には
ならないと思います。特に「余命」に関しては・・・

最初の診断の時点で、耐え難い痛みや、すぐにでも対処しなければ
命の危機に関わるというものでなければ、そんなに焦ってその場で
すべての告知をしなくてもいいのではないのかと・・・

10人いれば10とおりの・・100人いれば100とおりの心があり、環境
がある・・そのすべてに完璧な告知の仕方なんて初診で分かってほしい
なんてことは無理な話しでしょう・・けれど病気だけを診るのでなく、
その人の全体像からの症状を推測しての、目と目を合わせての、挨拶
を交わしてからの「心情の診断」も同時にできるような医師であって欲し
いな・・今はパソコンの画面ばかりみてる医師が多いような気がする・・

そんな環境で告知→インフォームドコンセントを淡々と行なわれ感情の
整理をする間もなく、部屋をでなければならないような環境は配慮不足
じゃないのかなと思う・・・告知にも、もう少しプロセスがあってもいいので
はないでしょうか・・

癌の告知・・特に末期がんは特に告知後のケアに関して配慮していかな
ければならないことが多く・・本人、家族、医療チームがひとつになって
「生きること、生かされていること」を見つめていかなければならないの
だと思います。
緩和ケア科が「癌の診断時」から「心のケア科」として同時進行で受診で
きるようになるといいのにな・・・

癌の告知の事と共に考えておかなければならないなと思う事のひとつに
「リビング・ウィル」やレット・ミー・ディサイドの「治療の事前指定書」などが
あります。ここまで書こうと思っていたのですが、少し長くなったので
次回にしたいと思います。


医療の現場に関わりながら、同じ時間は2度とやってこないんだという事を
「忙しい」という感覚を打ち消すように心で呟きながら、仕事をさせて頂いて
ます。最近ブログの更新がなかなか出来ないこと、そしてその内容に関して
大切なかたたちから心配のメールや電話をいただきました。

もうすぐ、また検診があります。その時にまた精査となれば・・・
ちょっと考えるかな・・・ただ、自分の中の「リビング・ウィル」ははっきりして
いるので、なにか変調があればひとつひとつ行動してゆくつもり(笑)
今は自分で生活してゆくことと、そのライフスタイルを楽しく自然体で
過ごしていきたいと思ってる。
このブログも、ある意味自分の為に書いてるのかも・・です(^^)
kyoはしっかり地に足をつけて生きてますので、ご安心を!
「生かされてる」って本当に「感謝」です!

 

血管内治療→TV報道【癌(がん)と共存!愛は癌(がん)よりも強し!】5

血管内治療の報道が、数日前TVで放映されていた・・
めったに意識してTVを見ないのだけれど・・
この日は たまたまTVをつけていた。偶然といえば偶然・・
必然といえば必然・・・

私の場合・・ある意味懐かしさ、というか・・彼との想い出が
よみがえる報道であったと共に・・やっと取り上げられた・・・
そんな感覚も心の片隅に存在した。

このブログでも新血管内治療のカテゴリーで治療については
書かせていただきました。
一歩踏み込んで検索をすれば、おそらくクリニックのことは
調べる事ができたと思います。
けれどあえてリンクを貼らなかったのには、少し理由がありました。

彼と選択した治療の数々には、今でも「あの時こうすればよかった」
という後悔はまったくありません。
いろんな治療法を試みながらも、100%完全に継続し続けた療法は
なかったし、継続を中断したのは彼の意思と、その彼の意思に沿った
私の意思でした・・・

癌が動き始めた時、今にして思うのですが 表向きには言い表せない
ものすごい不安や恐怖・・焦燥感が湧きあがってくるんだと思います。
今行なっている治療で大丈夫なんだろうか・・・癌に立ち向かっていく
事ができるんだろうか・・・

「信じる力」・・「自分の心と体」を信じる力が、もっとも大切なことだと
そういわれています・・・痛みと不安の連鎖は、いったん始まると
なかなか手強いウイルスです・・・
特に、性格的に結果を急ぐ彼でしたから・・おそらく早く次の手を打た
なければという本能的なものが働いたのかもしれないなと・・・
今だから、少し冷静に彼の本音的な部分を感じる事があります。

今回紹介されていた血管内治療は、内容的には彼が受けた治療と
同じようなものだと感じました。使用されている薬剤は違うだろうけれど
理論的に考えれば、全身抗がん剤治療で 癌細胞を殺傷する・・けれど
正常な細胞たちをも傷つけるよりは、副作用及びQOLの低下等のリスク
を考えると理想的な治療だと思います。

エビデンスを待たずして、藁にもすがりたいと思う 癌患者さんの気持ちは
経験してきただけに痛いほどわかります。
また、藁にすがって・・治療を続けられるうちは良いのですが、希望の光が
足元を照らした時に見え隠れする闇に、彼自身、自分の命の価値について
葛藤が起きた時期があったのも事実です。
そこには自由診療という壁が大きく関係していました。

私は、いくつか所有している不動産のひとつを売ってでも・・
もっと言うならば、借金してでも・・彼の命が救えるのなら救いたい・・・
そう思っていました。けれど縮小するものの完治はない・・延命のみ・・
その現実に彼は「死にたくなんてない」と思うものの、今の状態で財産を
投げ出すほど生きていても意味はあるのだろうか・・というような自分の
命の値踏みをしていたように思います。

それでも自身の「終わりの時」は、こんなふうにありたい・・と思い描けて
いる時は「希望」につなげていたのですが、本当に体が・・呼吸がきつく
なってきた頃には・・その心は貪欲な癌細胞によって「希望」という栄養
まで食べつくされていった気がして、切なく・・心苦しい時間でした。

ひとつひとつの治療との出逢いも、癌細胞の進行時期や性格・・そして
心の状態とタイミングがあえば、必ず奇跡はおきる・・
いえ、奇跡は起こせる・・そんなふうに思います。

日々進化していく癌治療と、医療制度の正しい改革によって
1日でも早く、1人でも多く・・癌で辛い想いをされている患者さんや家族
の方の「希望」が「輝く命」に繋がることを祈ってやみません・・・

在宅酸素・・【癌(がん)と共存!愛は癌(がん)よりも強し!】5

明らかに 心も体も免疫力の低下が顕著だった・・・
もしも・・私が1看護職の人間として彼の全体像を捉えることが
できたなら、この時点での彼の状態は完全なるターミナルの・・
しかもカウントダウンできるような臨死状態に近い状態にいたと
冷静に見つめる事ができたかもしれない・・・

息子さんの入院・・手術で、自分のパワーを使い切ったかのように
彼のレベルは落ちていった・・
「kyoちゃん・・酸素頼んでくれるか?」最後の最後まで躊躇っていた
酸素を自ら頼んでくれという彼・・・
呼吸苦は、かなり深刻に押し寄せてきたのだろう・・・
在宅酸素は、彼の中でのひとつのボーダーだった。
私は、どう言って彼を説得させよう?と考えていたHOT開始のタイミング・・
それを彼自身が求めてきたのだ・・「キツイんだ」・・そう思った。

私は、すぐに ゆふみ病院にTELして 在宅酸素の開始を申し出た。
院長先生が、すぐに対応してくれ処方箋を貰いに行き、その日のうちに
業者の方がHOTを持ってきてくれた・・・

HOTとは、Home Oxygen Therapyの略で在宅酸素の事を総称としていう。
慢性呼吸不全、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の患者さんが主に使用され
ているもので、在宅で使用するのは 酸素濃縮装置というものが主です。

空気は約21%の酸素と、78%の窒素、そして1%の その他のガスから
成り立っていますが、この装置は室内空気から窒素を分離して、酸素を
濃縮して連続的に発生させ、約90%の酸素濃度を保っています。

このHOTをレンタルして、どのくらいの費用がかかるのかというと
医療機関(主治医)が患者さんの病状を検査し、処方をおこなった時に
支払われる技術指導料と、患者さんの病状や生活環境に合わせて
貸し出される酸素吸入用装具の加算料があります。

在宅酸素療法は原則的に健康保険が適用されますが、酸素代を含め
実際にかかる医療費の3割が患者さん負担となります。(老人保険適用
の場合は1割or2割) 1番多い形態である酸素濃縮装置と携帯用酸素
ボンベを使用した場合、在宅酸素指導管理料25000円+装置加算料
46200円+携帯用装置加算料9900円=81100円で 患者さん負担
は24330円です。

対象となる患者さんは、動脈血酸素分圧55Torr以下(SPO2だと88%)
もしくは60Torr以下(SPO2で90%)で睡眠時or運動負荷時に著しい
低酸素血症をきたす者という基準がありますが、彼の場合「肺癌末期」
それだけで十分な理由だったんだと思う・・・

「呼吸苦」・・・「閉塞感」・・・これらは「痛み」よりも辛すぎる・・・
「辛い」という言葉では言い表せない気がする。
空気を吸っても吸っても、肺は その空気を全身に送れないのだから・・

彼が亡くなって、しばらく経った頃見た・・彼が長男に送ったメール・・
在宅酸素を始めた日に送ったものです・・・(原文そのまま)

 おはよう
 今日、寝そべってみました。
 ミノムシのように 這うこともできなくなっていました・・・
 もうすぐ全身麻痺になるんだろうと 不安で仕方ありません。
 そうなる前に1度会いに来てください。

何度読んでも、涙がでてきます・・・
長男の帰宅予定日の1週間前に送られたメールでした。

癌の痛み→中国医学における痛みのとらえかた【癌(がん)と共存!愛は癌(がん)よりも強し!】5

ー中国医学における痛みのとらえかたー

中国医学の痛みの治療には、すでに「場」に対する想いが
こめられています。つまり、痛みに対しても中国医学では
その独特な診断法である弁証を行ないます。
弁証というのは、証を弁ずるということで、証とは場の歪みの
ベクトルです。その人の生命場が、現在 どちらの方向に
どれだけ歪んでいるかということが証となって現れるのです。

その証を弁ずる方法は四診といって、望(見ること)聞(音を
聞いたり、臭いを嗅いだり)問(質問する)切(体に手を触れる)
の四つの経験的な方法ですので、どうしても科学的でないと
いって馬鹿にされがちですが、それでも場に注目するという事
では、神経系にだけ問題をしぼろうとする近代西洋医学よりも
進んでいると言えそうです。

たとえば、癌の痛みも一律に捕らえるのではなく、弁証によって
五種類に分類し、それぞれに適合した治療法をあげています。
結痛→毒が集まって痛みを生ずる。実際の毒という考えでは
            なく、あくまでも場の歪みのひとつの表現。
治療原則→化毒散結・清熱解毒

脹痛→気の流れが滞って起こる痛み。
治療原則→行気導滞

刺痛→血液のうっ滞が起こり、経絡が閉塞することによって
     痛みを生じる。
治療原則→活血通経

串痛→風邪・寒邪によって起こる。
治療原則→疎風散寒

隠痛→脾気の不足が原因で、身体の一部に寒邪が凝集した為に
     気が滞って起こる痛み。

西洋医学では、ひとまとめにして癌の疼痛としているものでも、
五種類に分け、それぞれに異なった治療を行ないます。
注意しなければならないのは、処方にしても常用薬にしても、
それぞれ速効性のある鎮痛剤というわけではないことです。
局部に直接作用を及ぼすものではありません。

体の歪みを是正することによって、結果的に その歪みによって
生じていた疼痛をも除去するという考え方なのです。
だから、この歪みが是正されなければ痛みは去らないわけで
速効性、確実性という点では漢方薬は西洋薬の鎮痛剤に比べて
あきらかに劣ります。
しかし目的は歪みの是正ですから、単なる鎮痛ではなく、その痛み
によってくる原因の治療にもつながっているのです。

西洋医学の鎮痛剤ですと、急性の痛みがとれて、爽やかになって
しまう場合はよいのですが、慢性の痛み・・特に癌の場合の痛みが
とれても、これはあくまで鎮痛だけで・・原因となっている癌の治療
にはなっていないのです。
このことは患者さんは知っています。だから「希望」という点では
心もとないものがあります。

漢方薬の場合、鎮痛作用は弱くても、いっぽうで原因の根本的な
治療にもつながっているという裏付けがありますので、例え一筋の
光明であっても治療への希望が湧いてきます。
これは、自然治癒力を高める意味でも実に大きなことなのです。

痛みを五種類に分類するということは、基本的には全身の弁証に
よるものですので、どの部分にどの癌があるのか、あるいは 程度
はどうなのかといったことは、原則的にはどうでもよいという考え方
ですが、それでも体の状態や痛み方によって、人体の現わす証を
弁別していくといった弁証も行なわれます。

たとえば、虚証(正気が不足している状態)と、実証(邪気が充実して
いる状態)という分類のしかたがあります。

痛みと共に、腹部に膨満感があり、便秘傾向のものは実証。
疼痛部位に手を当てられるのを嫌がるものは実証で、手を当てられ
て気持ちよくなるものは虚証。
舌が深紅色であるものは実証で、舌苔の薄いものは虚証。
脈が弦で、呼吸の粗いものは実証で、脈が細で、元気衰弱している
ものは虚証。
痛みの部位が固定していれば実証で、固定していなければ虚証。
結痛と刺痛は実証で、串痛は虚証。

また、寒証(体に熱が不足している状態)と熱証(体に熱が過剰にある
状態)という分類では、隠痛は寒証で、結痛は熱証と分けられます。
さらに気血については、痛みの部位や程度が常に変化するものは
「気滞」(気が停滞している状態によるもので、部位も程度も一定で
持続するものは「血瘀」(血液循環の悪い状態)によるとされています。

                  引用著書 「痛みをとる大事典」

 

 

新血管内治療→免疫応答【癌(がん)と共存!愛は癌(がん)よりも強し!】4

新血管内治療を終えて、クリニックを後にし
タクシーで病院に向かっていた・・・車で7〜8分位で病院に
着いた・・「ここを曲がったら病院」という所で、彼は運転手さんに
「ここでいいです!」と言い、車を降りた・・・

病院の裏手の公園で、煙草を吸い始めた彼は・・・
ベンチに腰掛けると、いきなり「帰ろう・・」と言うのである・・・
???「帰ろうって・・何処へ?」「大分だよ」・・・
「病院は?行かないの?」「行かない・・」

彼が、はっきりそう言った時は、何を言っても無駄だと思ったので
「とりあえず、病院にキャンセルしてくるから待ってて!」と言い
急いで受付に行き、事情を話した。

受付の人は、予測していない事態に 戸惑っていた。
「少し お待ちください」と言って、TELをかけていた・・・
もちろん、クリニックにかけていることは一目瞭然!
入院したくないという人を、無理矢理入院させとくなんて無理だよなぁ・・
なんて思っていると、案の定受付の人は「わかりました」と言い
CT画像のフィルムを私に返却しようとしてくれたけれど、この時点で
フィルムを受け取っても荷物になるだけだし、入院しない以上・・必要
もないので 受付の方に無理を言ってクリニックに送り返してもらうよう
お願いをした・・・

急いで彼の待っている公園に戻ると、彼は無邪気に鳩と戯れていた。
私の顔を見ると「悪いな!我儘言って・・」と素直に謝った・・・
入院したくない理由・・・それはー
入院自体が嫌いであることは・・・最初の病院→抗がん剤の時から
よくよくわかっている・・・

今回の経過観察という名目の入院を、
彼は素直に受け止められなかっただけのことなのだ・・・

この入院は、新血管内治療を受けた後に 出現するであろう、
免疫応答の諸症状を想定したうえでの、フォローの為にクリニックと
病院とで提携しているという・・安心、安全のための対策なのだという
事は、治療を受ける前に、彼には十分説明していたのだけれど・・・
彼にとっては、そういうふうには受け止められなかったようだ・・・

どうしても、そこにマージンの絡みがあるんだと言い続けていた。
私は「強制入院」ではないよ!県外からの患者さんの為に、
ホテル代わりに安心して経過を観察し、対応できるように配慮して
紹介しているんだよ!と何度も説明したけど、駄目だった・・・
病院にも予定というものがあるんだから・・こういう形のドタキャンは
よくないよ!と説得したけど・・彼には「嫌なものは嫌!」なのだ・・

受け入れ予定の病院にとっては、迷惑な患者だろうなと思いつつ
クリニックサイドでも、妥協してくれた事に 私は正直ホッとした・・・

それはそれで、答えが出たとして・・・
問題は泊まるところである・・・彼は大分に帰ると言っているが
初めての治療後の 彼の体の変化が予測出来ないし・・・
治療そのもので疲れているはずである・・・

「とりあえず、どこかホテルを探すから一泊はしようよ!」と言うと
すんなり納得してくれた・・・
多分、体はきつかったんだろう・・・

この日、大分に帰るのを躊躇ったのには もうひとつ現実問題として
新幹線のチケットの関係もあった。
前回の受診から1週間後の大阪行きだったので、飛行機の予約が
無理だったため、JRのビジネスプランを利用しての旅だったため
チケットの変更が一切効かないのであった。
片道分のチケットを1人分新たに購入するだけでも、おおよそ1人分
の1泊2日分にあたるのである・・・

とりあえず、前もってインターネットで調べてメモっていた、クリニック
周辺と思われるホテルにTELをかけた・・・
2件目にかけたホテルが空きがあり、安かったので場所を聞き・・・
20分程歩いて、やっとたどり着いた・・・

着いて、手続きを済ませ・・部屋に案内されると、彼はすぐさま横に
なった。熱を測ると37,8度・・免疫応答である・・・
すぐにフロントに行き、氷をもらった・・・
持参の氷枕でクーリングを開始・・・免疫が活発に働いてくれれば、
まだ熱は上がるはずである・・・
いよいよ、癌細胞と彼自身の免疫との闘いが始まった・・・

もう今日1日の様々な出来事も、帰りのチケットの事も、どうでもよか
った・・・今は彼の免疫細胞達にエールを送り、そしてその働きの結果
として現れる発熱や痛みに対応してゆく事だけしか頭になかった・・・




 

Amazonライブリンク
Profile
Amazonライブリンク











♪ランキングに参加しています♪
  ★応援してね★
人気blogランキングへ

















チェッカーズに登録

livedoor Readerに登録

livedoor Blog(ブログ)

livedoor (ライブドア)

Syndicate this site