yoruumi



海を右の手に

山を左の手に


両手を伸ばして空へ


高く高く昇ってゆく

キミのもとへ



キミと遊んだ道すがらの海は

いたずら雨に水辺に行けず

まっすぐ車を走らせる



今日は花火大会

キミの命を重ねて

滲んだ花火は今もこの胸に

切なき花を咲かせるよ



いろんなことがあったんだ

書けなかったこともある

書かなかったこともある



それでも生きてる


だから

今を大切にしたいから

やっぱりね

ここから歩き始めたい



海に行くよ

あの海に・・・

すべては海から始まっているから


一歩一歩

歩き出そう 

真夏の果実を一緒に聴いた

あの日の海の思い出