仕事に復帰して3週目・・・
筋力が不足している中でのトランスファーは
思った以上に「りきみ」に繋がっているかな・・・

患者さんに触れたくて触れたくて・・・つい・・・
私が何の理由で休職していたかを知っているのは
スタッフの極一部の人たち。
調子に乗って、今までどおりにしている所を見ては
「こら、ダメでしょ!」と角が見え隠れ(笑)
ついつい・・・ね。
でも、絶対的無理はしてませんから〜
これで、また休みたくないから・・・

昨日は、入院していた病院に・・・
かれこれ3週入院している友の顔を見に・・・
ここでは駐車場から建物を見上げながら・・・
まず、胸がキュンと熱くなる。何度訪れても。
まずは最初にsiroちゃんと訪れたセカオピから
一昨年の娘の命を祈った時間を想う・・・

そして昨年、半年間のたくさんの想いが流れる。
ロビーに・・外来に・・自販機前の長椅子に・・・
エレベーターに・・病棟に・・そして病室に・・・
重ね合う想いと・・・届けたい想いと・・・たくさんの心のSCENE
同室になって、仲良くなって、想いを分かち合って
そんな大切な友たちが・・・宙に還ってゆく・・・
そして、そんな現実を受け止めながら今も治療中の友たち。

痛みよりも不安が広がる心が 笑顔を消してしまう
私に出来ることは、手を繋いでいることと
彼女が「かわいい♪」と飛びっきりの笑顔になった
ピンクのチューリップを「春のお届け」と彼女の元に届ける。
それしかできないけれど、いつでも心は繋いでいるから
辛いときには、いつでもSOSを発して欲しい。飛んでいくから。

そして、今日は5日。siroちゃんに逢いに秘密基地へ。
冷たい空気の中にも、春はあちこちから顔を覗かせてる〜
いつでも春探し〜秋探し〜をしていた私たちには
あちこちから「隠れんぼ」してる春の頭がすぐ見えちゃう(笑)

秘密基地の竹林には水仙が一面に咲いていて
車を降りた瞬間から、大好きな香りに誘われて〜つい坂を駆け上る
ここの空気は澄んでいる
山の中でありながら、海が広がり、空が広がっている。

来月で・・もう4年経つんだね。
昨日、友に届けたピンクのチューリップを見ながら
4年前の今の時期に自宅に届いたピンクのチューリップを見て
オピオイドでドローになってたsiroちゃんが、「可愛いなぁ」
「春が来たんだね」とメッチャ笑顔になってたことを思いだしました


命と向かい合うとき・・・命の旅立ちの時間を感じるとき・・・
心は透きとおり・・・自然と融けあって・・・
そうして、風にのって光りに還るのかな・・・


巡りあえた大切なひとつひとつの命・・・
その出逢いと旅立ちの時を感じながら、空に近い場所から・・
今の自分の心で抱きしめることができた時間でした。