前回、終末期医療にかかる費用についての情報を書かせて
頂きましたが・・・関連する情報として もう1点・・・

リビング・ニーズという言葉、聞いた事はないでしょうか?
私は不確かな記憶ながら、数年前・・癌で余命宣告された男性が
経済的困難な状態に陥り、外資系の生命保険だったか・・・
御自身の死亡後に支払われる保険金を、生前受理したいと・・・
裁判か何か起こした事?で話題になった記憶があります。
(曖昧でごめんなさい。)
ただ・・凄く切羽詰った印象が深くて、とても衝撃的でした。

そう・・・リビング・ニーズとは、生存中に保険金を受け取れる
生命保険制度です。生命保険契約に、リビング・ニーズ特約を
付加することにより、余命6ヶ月以内と判断された場合に被保険者
の請求により保険金を受け取れます。
医療(治療)を受ける闘病資金として・・また充実した余命期間を
過ごす為の資金として活用できます。

 加入方法
保険契約申し込み時に、リビング・ニーズ特約の意思表示をする事
で加入できます。終身保険、定期保険、養老保険などの主契約に
特約として付加する事ができます。この特約を付加する為の保険料
は特に必要ありません。
現在、ご契約の保険でリビング・ニーズ特約未加入の場合は、申請
すれば途中加入が無料でできます。ただし、保険の種目により付加
できないものもありますので、現在ご契約の保険会社にお問い合わ
せください。

 保険金請求に際して
ヽ棒弧進欷渦饉匳蠶蠅寮禅畚顱医師の(被保険者の余命が6ヶ月
以内である事に関する)診断書、戸籍謄本、印鑑証明、保険証券など
の書類が必要です。(詳しくは書く生命保険会社の指示に従う)

∋猖簡欷蔚盂曚糧楼脇發如∩干曚泙燭楼貮瑤鯢要に応じて自由に
指定できます。ただし、一般的には通算で3000万円が限度です。
(保険会社によって規定の相違があります)

リビング・ニーズ特約で支払われる保険金額は、指定保険金額から
会社で定めた方法で計算した6ヶ月間の利息(指定保険金額に対応す
る)、及び請求日の翌日から6ヶ月の間に払い込まれるべき保険料
相当額を差し引いた金額となっています。

ぅ螢咼鵐亜Ε法璽再談鵑砲茲蠎け取る保険金は所得税法上非課税と
なります。

ナ欷唄間満了前1年以内の場合、請求できないことがあります。

 Q&Aより・・・
本人が「余命半年」を知っている必要はないのか。
申請は家族でもOKか?本人への告知の要、不要は?

指定代理請求制度があります。本人(被保険者)の代理人として指定さ
れた家族が特約保険金を請求できます。(契約時に「指定代理請求人」
を指定することになっている場合が多い)本人が余命半年を知る必要は
ありません。「指定代理請求人」の資格は次の二つに限られています。
)椰諭僻鑛欷閏圈砲汎欝錣掘△泙燭蓮∨椰佑叛厳廚魘Δ砲靴討い觚誉匸
の配偶者。
∨椰諭僻鑛欷閏圈砲汎欝錣掘△泙燭亘椰佑叛厳廚魘Δ砲靴討い詒鑛欷閏
本人の3親等内の親族。

 指定代理請求制度を利用する場合の留意点
リビング・ニーズ特約により保険金が支払われると、保険契約が消滅
(死亡保険金の全部を指定した場合)もしくは、保険金額の減額(一部
指定の場合)となります。指定代理請求人に特約保険金が支払われた
後、本人から特約内容などの照会を保険会社になされた場合、余命
6ヶ月以内であることを知られてしまう可能性が生じます。
そこで、被保険者に「がん告知」がされていない、および余命6ヶ月以内
であることを知らされていないなど、本人に保険金給付請求の事実を
知られたくない場合の対応については、その旨を保険会社に要望する
ことで配慮がなされます。

 請求申請してから給付までの期間はどれくらい?

必要書類提出後、事実の確認(担当医師に確認を求める場合や保険
会社指定の医師の診断を求める場合がありケースバイケース)があって
すべての要件を満たせば5日位で給付されますが、会社によって若干差
があり2週間程度というところもあります。

 がん保険、3大疾病保険を含んだ生命保険ではリビング・ニーズ特約を
追加できたのに、がん保険だけのものにはリビング・ニーズがつかないの
は何故か?がんの場合こそリビング・ニーズの必要が高いと思うのに・・

従来からの生命保険は、リビング・ニーズは「死亡保険金の前取り」という
考え方に立つので特約を追加するのは可能です。
一方、「がん保険」「3大疾病保険(がん・心筋梗塞・脳卒中)」「医療保険」
では、突発的な病気や事故に対処するための保険・・・すなわち入院費
手術費、通院費などの治療費が対象で、まさに生きるためのものであって
前取りする死亡保険金に該当するものではないのです。
現実問題として、たとえ末期がんの宣告を受けたとしても、人の生命には
予測不可の部分があり医師の余命宣告通りとは限りません。余命半年と
宣告されて5年・10年生きたという例はよく聞く話です。
療養が長期にわたる場合や再発を繰り返す場合もありましょう。
長期の療養、再発の場合にも手厚い保障が得られる内容のがん保険など
も出回っています。治療のための医療費、入院負担を保障する備えがある
と、万一の場合に安心です。

★リビング・ニーズ特約の保険制度は、国内・外資系生命保険会社の
 生命保険、農協の生命共済に取り入れられています。
 全労災、県民共済の共済保険、郵便局の簡易保険はリビング・ニーズ
 特約は取り扱っていません。

みなさんは保険には加入されていますか?多分されてますよね・・・
実は、私はつい最近加入したばかりなのです。とりあえずお守りにという
感覚でしか選択できませんでした・・・(収入を考えると)
いろんなかたのブログにお邪魔して、やっぱり「闘病」・・・「癌と共存」してゆ
くにはお金がかかるということ,健康
保険の範囲内の治療であっても、検査
や薬・・そして抗がん剤にしても一度では終わらない・・・必要に応じての入院
副作用やペインコントロールのための薬・・・それらの出費が少しでも保険で
補填できれば、かなり助かりますよね。本当は使わずにすむのが1番なんで
しょうが・・・このリビング・ニーズを耳にした事を機に保険について見直して
みました・・・