ゲルソン療法の人参ジュースとフコイダンを取り入れて

彼の日常生活は なんだか喫茶店でも経営しているみたいに

大忙し!実際、自営業でマスターをしていた時期もあったため

(もともとの本業は洋食のコックさん♪)いろんなアレンジを加え

結構はまっている?(笑)必ず私に「飲んでみて」と言う・・・

「癌患者さんは誰よ?」と言うと・・人ごとみたいに「ハイっ、僕で

ーす!」てな具合!QOL(quality of  life→生活の質・生命の質)

が確実にUP↑しているのが感じられる・・・

ゲルソン療法の本に書かれているサプリメントの数も増えてきて

野菜ジュース+フコイダン+サプリメントで、彼のお腹はいつも

満腹状態!ジューサーミキサーのスイッチを入れると「もう、ジュ

ースの時間?まだお腹いっぱいだよー」と苦笑い・・・だよねー

飲んでも飲んでもオーダーしないのに届けられるもんねー

少し可哀相に思えたりもするけど・・いえいえ!決してイジメでは

ありませんっ!なので配達法を変え、フルネームで彼の名を呼び

「お薬の時間ですよー」と・・・病院バージョンに変えると「はいはい

お薬ねー」と降参し、一気に飲み干す・・人間の体ってどれだけの

水分を受け入れられるんだろう・・なんておぼろげに考えたりする

 

フコイダンは特に消化器系の癌に有効とされている・・・要するに

直接癌細胞の塊にふれるほうが効果が高いとされていて、その点

からいうと、肺癌など 直接性のない臓器には厳しいかな?という

のが現実だ・・けれど、副作用の事や・・QOLの事も含め、この頃は

フコイダンの神秘を絶対的に信じていた・・・

フコイダンの効果?信じる事の効果?

本格的なゲルソン+フコイダン療法を実践して感じたことは・・まず

QOLのUP!そして現実に形として現れた効果が、腫瘍マーカー値

の減少だった!腫瘍とは、体内のとある細胞が異常に増殖して、

しこりになったものを言い、良性と悪性があり、悪性のものが癌で

す・・・体のどこかに腫瘍ができると、その腫瘍細胞が作り出す物質

が、血液中に増えてくる事があり、それらを検出することによって癌

の診療に役立つものを腫瘍マーカーというのですが、癌の種類によ

って検査項目が異なります・・

彼が月に1度検査していたものは、CEA、SLX、CYFRAの数値だっ

たのですが、入院当初450で2回目の抗がん剤投与時520まで上昇

していたCEA値(正常値5以下)が189に下がっていました。SLX(正

常値38以下)が110まであったのが65、CYFRA(正常値3,5)が11あ

ったのが1,1と減少していたのです・・・感覚のなかで良くなっている

のを実感するよりも、彼の中ではやはり、目に見える数値というもの

の減少は すごく嬉しかったようです・・・結果として分かりやすかった

から・・・気持ちの向上と実践が結果として現れている・・・そう実感し

ていました・・・もちろん、先生は腫瘍マーカー値が半減している検査

データを眺めて、不思議そうに首を傾げながらも「抗がん剤がよく

効いてますねー」と「CDDP+VNR+GEM」の選択が思った以上に奏功

していることに満足げでした・・・何かの折に代替療法について先生

に問いかけた事があったのだけど、反応は良くなかった・・・

アガリクスは知っていたものの、フコイダンという言葉は知らなかった

ようで、少し話しをしてみて感じたのだが・・・学会で認められていない

ものは・・どうやら、信用性がないと思っているようだった。

飲むのは個々の自由だが、抗がん剤投与中には飲まないで下さい!

・・というような反応だったので、私達は先生に代替療法を取り入れて

いる事は内緒にしていた・・・信じる、信じないは個々の自由・・そして

飲む、飲まないも個々の自由・・本来、人間には平等に与えられている

権利のはずだ・・・ただ、「医者と患者」という関係においては、微妙に

同等関係でない現状も多いように思えた。そこには人間としての弱み

・・特に末期癌などの命を託さなければならない状態においては、平等

な看護を受ける権利がある!との看護倫理の「平等」の意味が正しく

認識されていないように思える・・相性の問題も確かにあるのだろうが

医学知識や技術・・データばかり短い時間の中で提示されても 専門的

な事は、素人にはその場で理解なんて出来はしない・・・命の時間を、

データから提示(告知)する以上、せめて心も添えて提示して欲しい・・

癌には、愛が何よりの特効薬だと思っている私には、どうしても医学

倫理の向上を願うばかりだ・・・その頃はフコイダンが彼の心身の痛み

を包み込んでくれる、母親の優しさのように思えた・・・