癌((がん)と共存!愛は癌(がん)よりも強し!心と体のケア法☆

彼の癌と共存した2年間で学んだ癌の知識、試した癌の治療法・抗癌剤、代替最先端治療、サプリ、ホスピス、在宅ケアまでの全ての情報を 今、闘病で辛い想いをされている方に伝え、少しでもお役に立てればとの想いから発信する実体験ブログ

旅立ちから4年・・・5







それでも この国を たまらなく 愛しているから
もう一度 生まれ変わったら 私の名を 呼んで下さい
寒さに 震える夜も 流れる涙 つむぐ夜も
もう一度 生まれ変わったら あなたを決して 離しはしない

私の胸の中へ帰っておいで 気高い あなたの勇気を抱きしめたい
ひそやかな海に咲いた白い花たちが 今 私のからだに折り重なる

close your eyes 瞳を閉じれば あなたが私に 微笑みかけるよ
close your eyes 瞳を閉じれば 希望へ駆け昇る 
あなたが 永遠に生きている

それでも このみちを 耐え忍び 歩いて来たから
もう一度 生まれ変わったら あなたの名を 呼んであげたい
夕暮れに しなだれて 必ず 明日が来るんだと
もう一度 生まれ変わったら 諦めないで 待ち続けたい

私の胸の中へ帰っておいで 気高い あなたの勇気を抱きしめたい
ひそやかな海に咲いた白い花たちが 今 私のからだに折り重なる

close your eyes 瞳を閉じれば あなたが私に 微笑みかけるよ
close your eyes 瞳を閉じれば 希望へ駆け昇る
あなたが 永遠に生きている

close your eyes woo







4年前の21時07分
siroちゃんが旅立った時間

愛に包まれて光に融けていった
ありがとうの涙に包まれて
最期に大きな呼吸をひとつ・・・


ただ二人で
抱きしめあって涙した曲はふたつ
想いを抱きしめあった

そしてこのclose  your  eyes
奇跡の危篤状態を越えた時
みんなで涙しながら
siroちゃんを抱きしめた時
流し続けた曲

目覚めた命を、じっとみつめていたね
ゆふみ病院の木々の光の中を
じっとみつめていた瞳


今日は全員揃って基地に行けたから
はじめましての小さな命に
驚いたように木々が風に揺れた

歩くのが申し訳ないくらい
あれから年々増えている小さな野の草花

大地に息づく小さな草花は
いつも変わらぬ
生きるエネルギーを与えてくれる

命の存在への気付きを与えてくれる


もう4年でも・・
まだ4年でもない・・・


1日1日が重なっての「今」が在る

そして
「今」も変わらずに
キミはみんなの中に生きている
あの頃のままに


キミが旅立った時間・・・
今、空から涙が零れ落ちてきた
















ゆるやかに・・・5





仕事に復帰して1ヶ月が経過。
今週から、1日勤務にトライ

半年間のブランク
そして使っていなかった筋力の低下は
予想以上で・・・特に腕チカラ・・・
体交(体位交換)時に実感。。。

股関節もカチカチ・・・
身体の機能と、思い描いてるイメージと
脳からの指令と実行されることがバラバラで
なんだか自分で自分の行動がおかしくて(笑)

しばらくは隔日勤務で・・・いく予定です。

やっぱり・・・患者さんに関われること・・
触れることが自分は好きなんだなぁって
しみじみ思うのです〜♪

明日も・・患者さんに会いたいから
患者さんが待ってくれてるから

今日を明日に繋げるためにも
無理はしまい、と思っています。
やっと、患者さんもみんな覚えましたし
現況での1日の流れもみえてきました。

ゆっくり、マイマイペースで復帰していきたいなと・・
(今、呼吸器系調整中〜〜)


朝陽が昇ってゆくのを見つめながら
夕陽が沈んでゆくのを見つめながら
仕事から帰って、車を降りた瞬間に大地をみつめる
今日も生きていることに感謝。
仕事に行けたことに感謝。

その瞬間に、この曲が心をよぎる。

今日は今日を懸命に生きよう
今は、今を精一杯生きよう


そんな時間を、ゆっくり丁寧に生きてます。


更新遅くてごめんね〜〜 春はそこまで・・・




春とキミを感じながら・・・5

仕事に復帰して3週目・・・
筋力が不足している中でのトランスファーは
思った以上に「りきみ」に繋がっているかな・・・

患者さんに触れたくて触れたくて・・・つい・・・
私が何の理由で休職していたかを知っているのは
スタッフの極一部の人たち。
調子に乗って、今までどおりにしている所を見ては
「こら、ダメでしょ!」と角が見え隠れ(笑)
ついつい・・・ね。
でも、絶対的無理はしてませんから〜
これで、また休みたくないから・・・

昨日は、入院していた病院に・・・
かれこれ3週入院している友の顔を見に・・・
ここでは駐車場から建物を見上げながら・・・
まず、胸がキュンと熱くなる。何度訪れても。
まずは最初にsiroちゃんと訪れたセカオピから
一昨年の娘の命を祈った時間を想う・・・

そして昨年、半年間のたくさんの想いが流れる。
ロビーに・・外来に・・自販機前の長椅子に・・・
エレベーターに・・病棟に・・そして病室に・・・
重ね合う想いと・・・届けたい想いと・・・たくさんの心のSCENE
同室になって、仲良くなって、想いを分かち合って
そんな大切な友たちが・・・宙に還ってゆく・・・
そして、そんな現実を受け止めながら今も治療中の友たち。

痛みよりも不安が広がる心が 笑顔を消してしまう
私に出来ることは、手を繋いでいることと
彼女が「かわいい♪」と飛びっきりの笑顔になった
ピンクのチューリップを「春のお届け」と彼女の元に届ける。
それしかできないけれど、いつでも心は繋いでいるから
辛いときには、いつでもSOSを発して欲しい。飛んでいくから。

そして、今日は5日。siroちゃんに逢いに秘密基地へ。
冷たい空気の中にも、春はあちこちから顔を覗かせてる〜
いつでも春探し〜秋探し〜をしていた私たちには
あちこちから「隠れんぼ」してる春の頭がすぐ見えちゃう(笑)

秘密基地の竹林には水仙が一面に咲いていて
車を降りた瞬間から、大好きな香りに誘われて〜つい坂を駆け上る
ここの空気は澄んでいる
山の中でありながら、海が広がり、空が広がっている。

来月で・・もう4年経つんだね。
昨日、友に届けたピンクのチューリップを見ながら
4年前の今の時期に自宅に届いたピンクのチューリップを見て
オピオイドでドローになってたsiroちゃんが、「可愛いなぁ」
「春が来たんだね」とメッチャ笑顔になってたことを思いだしました


命と向かい合うとき・・・命の旅立ちの時間を感じるとき・・・
心は透きとおり・・・自然と融けあって・・・
そうして、風にのって光りに還るのかな・・・


巡りあえた大切なひとつひとつの命・・・
その出逢いと旅立ちの時を感じながら、空に近い場所から・・
今の自分の心で抱きしめることができた時間でした。




                 

光の中に・・・5

キミが光の中で遊ぶ時

見えない粒子に想いが融けて


温かくて、切ない声が
光とともに心に届く


時を超えて尚・・・

生きることの意味を
愛することの意味を


いつもいつも投げかけてくれる
愛の光を降り注いでくれる

夢も好奇心も、明日への希望も
変わらず心に抱きしめて


今、私に何ができるのか・・・
キミからの愛を光合成に変えて

心や身体が辛い人たちに

光のように 風のように
傍に寄り添いたいと思うんだ


キミが風に遊ぶ時
そっと愛と勇気を置いてくれるように・・


今在る命を感じていたい








ゆっくりと・・・5

仕事に復帰しました。
まだ、半日からの再スタートだけれど
少しずつ、感覚を思い出している感じです。

はっきり、きっぱりわかるのが
筋力の低下と、呼吸力の低下。(笑)

以前のままの感覚でやってたら
リスクレポート提出になりそうデス。


私の記憶力の問題だけではなく
患者さんも半分くらい(以上?)変わっているし
スタッフも、3分の1くらい変わってるので
時間の経過を改めて感じている次第です〜


新しい患者さんとの出逢い、ひとつひとつに
心地よい緊張感があります。
今はまだ半日勤務なので・・情報収集ができないけれど
来月から、1日勤務の予定なので・・休憩時間に
情報収集をしたいと思っています。


「感覚」を取り戻すことは大切だけれど
「記憶」はこだわる事なく、リセットでよいのかも。
新たなる「今、現在」の情報や業務のやりかたを、
ひとつひとつ覚えていこうと思います。

やっぱり私は、この場所が好きなんだなぁって
患者さんの手を握りながら・・・語りかけながら
そう思いました・・・


以前は、少し突っ走りすぎてたかもしれません・・・
走ると、見えないもの・・気付かないことがあるから
今、走れない訳は・・ゆっくり歩き、ゆっくり生きるため
そのための休養期間だったんだなって思っています。


今もなお、心配りや・・温かい言葉が届くたびに
心に愛のエネルギーが充電されていっています。
そんな出逢いや、想いにあらためて感謝の気持ちで
いっぱいです。ありがとう♪ ♪

無いはずの筋肉?痛を、ほぐして
また明日から頑張りま〜す




Amazonライブリンク
Profile
Amazonライブリンク











♪ランキングに参加しています♪
  ★応援してね★
人気blogランキングへ

















チェッカーズに登録

livedoor Readerに登録

livedoor Blog(ブログ)

livedoor (ライブドア)

Syndicate this site