癌((がん)と共存!愛は癌(がん)よりも強し!心と体のケア法☆

彼の癌と共存した2年間で学んだ癌の知識、試した癌の治療法・抗癌剤、代替最先端治療、サプリ、ホスピス、在宅ケアまでの全ての情報を 今、闘病で辛い想いをされている方に伝え、少しでもお役に立てればとの想いから発信する実体験ブログ

抗癌剤投与5日後・・・危うく医療ミス?【癌(がん)と共存!】4

       癌(がん)と共存!抗癌剤投与後・・・

  10時間近くかかった点滴を終えた翌日は、午前中抗生剤と

  吐き気止めを入れた1本の点滴のみで 拘束終了!

  体そのものはフリーにもかかわらず、少しばかりご機嫌斜め・・・

  自由になったものの 昨夜は退屈だったみたいで、

  車がない事が どうやら嫌らしい・・・(前回の入院の時は別々に

  病院に行ったので) 彼は夜、私が帰った後や早朝、退屈な時間

  車に行って、一服したり・・音楽を聴いたりしてたようで・・今回は

  1台だったので 早くも退屈してしまっているみたいだ・・・

  午後は ずっと吐き気が続きウトウトしている・・・

  この日は娘に迎えに来てもらい 彼に念願の?愛車を残して

  帰る(笑)

  帰り着いてすぐに、彼から「ありがとう」のメールが届く・・(^^)

  それから2日間、吐き気・だるさは変らず・・1日中元気がない・・・

  ・・・元気のない中で 語られた彼の心中・・・

  抗癌剤の副作用で、眠れなくなったり・・ウツ傾向になったりする

  事もあると 看護師さんに聞いたらしく、いつになく弱気な彼・・

  きっと自分の体の中の変化を感じているんだろうなぁ・・・

  夕方、先生が来室・・明朝の血液検査の数値結果がよければ

  明日、1クール2回目のケモ(抗癌剤点滴治療)を行います!と

  いうことでした・・・「ん?もう2回目?」って一瞬思ったのですが

  「ヤなことは早く終わったほうがいいよね!」と・・・

 

  翌朝10時・・先生直々1本目のソリタT500mlを持ってきて

  左手にルートキープ!「すぐに看護師が、吐き気止めを入れに

  きますから・・」と言い退室したが、5分ほどして先生が慌てて

  戻ってきた・・・「すみません!」と謝りながら・・「あなたは木曜日

  でしたね!まったく同じ抗癌剤治療をしている人がいるもので・・」

  「まったく同じ抗癌剤治療をしている人がいるもので・・」って・・・

  点滴パックの名前を見ると、まったく別の人の名前が書かれて

  いた。いくら同じパターンの治療とはいえ、これって先生!リスク

  だよーー!!思わず抜針作業をしている先生に、「血液検査の

  数値がいいので、早目に2回目をするのかと思いました・・」と

  言うと、「そんなこと出来ません!気づいた時には言ってください

  よ−!」って・・ん?先生、私に振るのー?これって・・・先生の

  思い込みによるミスじゃないんですかーー?危うく医療ミスって

  ものに展開が進むところでした・・・(汗)

  時折、TVとかでも 医療訴訟とかの話題が出たりしていますよね。

  この世に完璧な人なんていない(完璧に近い人はいるとは思うけど)

  って思うんです。だから、時には間違うこともあると思う・・・

  問題なのは、気持ちであったり・・言葉であったり・・感情の部分

  だと思うんです。間違いを間違いだと認めようとしなかったり・・

  言い訳を前面に持ってこようとすると 「ごめんなさい」が「ごめん

  なさい」に聞こえなくなっちゃって、不信感が生まれてきちゃうんだと

  思うんです。要は心に届かないってことです。

  特に、医療者と患者という関係は 今でこそ医療倫理の面において

  強者と弱者の関係であってはいけないという事が かなり問題視

  されているので、以前よりはかなり改善されていると思いますが

  それでも、癌(がん)であったり・・命に関わる重篤な病気の場合は、

  特にその構図は一部崩されてはいないように感じます。実際この

  2年間いろんな治療を受け そこで知り合った病気で苦しんでいる

  人の想いを聞いている中で 受け止め方は人それぞれですが・・

  ここで治療してもらうしかない・・とか、経済的・・家族環境的理由で

  現状に至っているかたも多く・・考えさせられる事が すごくたくさん

  ありました・・・病院や先生を否定してるわけではありません。

  人は同じ心の目線に立つ事で そこから深い信頼関係が生まれ

  育ってくるという事を言いたいのです・・・

  先生との絶対的信頼関係があれば・・例え、ただのビタミン剤を

  よく効く抗癌剤ですよ♪って点滴されても それで不安な気持ちが

  消え、先生が私のために よく効く抗癌剤を選んでくれたのだから

  きっとよくなる!って思えたりするんですね。癌(がん)には免疫力の

  アップが効果があるともいわれています。

  体のみの治療を考えるのでなく・・心のケア→治療も重要視しなけ

  ればならない時代にきていると思います。昨今では統合医療という

  言葉をよく耳にしますが・・・病気のときには 本当に思いやりや、

  愛が・・大切な秘密の特効薬だと思うのです・・・

  結局、抗癌剤騒動も忘れ去られ(笑)「ラッキー(^^)v」ってな具合で

  外出許可をマジメ?にもらい・・ドライブがてら家族露天風呂に行き

  なんと2人で7千円分の高級焼肉を食べて リフレッシュ!

  あさっての抗癌剤治療のためのエネルギー充電ですっ♪

 

  

抗がん剤について・・・【癌(がん)と共存!愛は癌(がん)よりも強し!】4

      彼に使用された抗がん剤について・・・

  毎回コメントをいただいている方(パワーの源になってます♪)より

  質問を いただいたので、私の伝えられる範囲で お答えさせて

  くださいね・・・ひとつ、心からお礼を言いたいなって・・・彼女の

  素朴な質問で 大切なことを思い出させてもらえたという事です・・

  それは・・私がこのブログを書き始めた本質の部分・・・

  今、ご自身や・・ご家族・・愛する彼や彼女・・友達・・大切な人達が

  癌で辛い想いをしていたり、何とか治療法はないんだろうか・・と

  日々葛藤している・・・

  そんな方々の 力に間接的ながら 少しでもなれたら・・という

  想いから始めたんだという事(原点ですね)を 彼女に気付かせて

  もらいました・・・ありがとうございました・・・(^^)/

 

       抗癌剤について・・・・

  抗癌剤には、癌細胞のDNAの合成を阻害し、増殖を抑える

  アルキル化剤・・癌細胞に栄養を与えない働きをする代謝拮抗剤

  癌細胞の細胞分裂を防ぐ 抗腫瘍性アルカロイド剤・・さらに、

  抗腫瘍性の抗生物質などがあり・・・癌の種類や部位を総合的に

  判断して、いろいろな抗癌剤を組み合わせて投与しているのです。

  彼に投与された抗癌剤は、前回お伝えした3種類・・・

  ナベルビン・・シスプラチン・・ジェムザールです。

  ナベルビンは、半合成ビンカアルカロイド剤で、細胞分裂を妨げる

  ことで、細胞を死滅させる薬剤で 主な副作用に、骨髄機能低下

  感染症があり、白血球減少による死亡例も報告されています・・

  シスプラチンは 様々な癌にも使用されている 白金製剤で、

  腫瘍細胞のDNA合成阻害、および細胞分裂を阻害する薬剤で

  主な副作用に、腎障害があります・・

  ジェムザールは、代謝拮抗剤で、腫瘍細胞のDNA合成阻害で、

  主な副作用に、高度の骨髄抑制・・間質性肺炎・・肺腺維症が

  あります。抗癌剤の選択肢には前記にあげられた 癌の種類や

  部位の他に 患者さんの年齢、体力的状況、既往症等を検討

  した上で慎重に判断・・選択されるようです・・・

  再発、転移癌になると、また選択肢が変わってくるようです・・・

  彼の場合は、年齢が若いという事と 体力がある・・ということで

  上記の3種類が選択されたみたいです・・・

  ちなみに、肺癌には・・他に代表的な抗癌剤に、2002年7月に

  「夢の抗癌剤」として 承認→発売されたイレッサ(ゲフィチニブ)

  これは、点滴でなく飲み薬(錠剤)であるという事と、今までにない

  効用・・分子標的治療といって、肺癌などに多く見られる 上皮性

  細胞成長因子の受容体に作用して、細胞内に信号が伝わるのを

  阻止する働きがあるという事と、副作用が少ないという事でしたが

  間質性肺炎という 副作用が多例発生し 死亡例も多く報告され

  ました。以来、イレッサの処方には かなり慎重になっています。

  後々ですが、彼にはイレッサは不適合と判断されましたが・・

  私は正直なところホッとしました・・・何ていうのかな・・・先生から

  いつも、感染症の事を言われ続けたので・・・

  感染症→肺炎→命取りっていう略図ができてたんですね・・・

  その事に、こだわりすぎてたら・・どこにも行けないし・・何ひとつ

  やりたい事もできない・・・って心の状態が重くなったんですね・・

  で、彼自身が「感染症を恐れて好きな事、やりたい事ができない

  って思って過ごすより、やりたいように生きて、それで感染症に

  なったとしても・・悔いはないよ!早かれ遅かれ死んでいく事に

  変わりはないのだから」って・・・私も、そのとおりだ!

  って思うし、自分が彼の場合であっても そうするって思う・・・

  だけど、どうしても・・彼を肺炎に奪われたくない!って想いが

  強かったんですね・・・なので、間質性肺炎という死亡例が報告

  されているイレッサは、いちかばちかにしても使いたくはない!

  というのが本音でした・・・

  話しが、ちょっとそれちゃいました・・・(^^)

  肺癌の抗癌剤には、他にいくつかあるのですが・・・

  彼自身が、抗癌剤はもうやらない!と決断した時に選択肢と

  して勧められたのが、タキソールという抗癌剤でした・・・

  これもまた副作用の多い薬で・・アナフィラキシーショックという

  死亡例が報告されていました・・・

  副作用の伴わない抗癌剤は 残念ながら現時点においては

  ありえないんだ・・そう思うと、彼も私も抗癌剤には、ひとかけらの

  未練もありませんでした・・・

  抗癌剤を完全否定するつもりはありません・・・

  抗癌剤との相性みたいなものもありますから・・・(^^)

  ただ・・自分が・・自分の大切な人の治療に関しては、納得して

  選択してゆくことが大切なんじゃないかなって・・・先生に言われ

  たから・・・じゃなく、おまかせしよう!と思う・・その事もまた選択

  だと思うから・・・抗癌剤は後々から出現する副作用も 結構多い

  ということも お伝えしておきます・・・

  毎日を・・・この一瞬を 命のきらめきの為にも・・・・

        後悔なき選択を・・・☆〃

 

 

いよいよ開始!抗がん剤全身点滴治療・・・【癌(がん)と共存!】4

     ・・・あわただしく過ごした1週間の仮退院の日々・・・

  人は・・自分の命の時間がいつまでなのかなんて・・・

  誰にも わからない・・・

  この世に、生を受けることさえも・・・

  誰にも わからない・・・

  ただ・・この世に生を受けたからには・・

  たとえ・・どのような環境であれ、宿命であれ・・・

  自分自身で受け止め、受け入れ 生きていくこと・・・

  魂が肉体を借りて 修行を重ねている・・・

  心の宿る 肉体は「痛み」という手段を用いて・・

  いろんな警告を発する・・・

  なんとなく時間を過ごし・・なんとなく生きているという日々に

  「生きる!」という事の意味を 考えさせてくれるための

  数粒の、愛のこめられた種が 私たちに贈られた・・・

  命の時間を宣告された事は 勿論、宣告された本人にしか

  わからない深くて重いものだとは思う・・・

  けれど、少なくとも私は 時間がまだ与えられているという事に

  感謝していたから・・そして、その時間を切られた彼の命と

  1分でも1秒でも長く共有したいと思ったから・・・

  より輝く、ふたりの愛の種を 実のあるものにしたいと思った。

     七夕の夜・・・

   明日からの全身化学治療を受け止めるべく 決意表明!(笑)

 

  前日の、検査データもよく 朝10時より抗がん剤治療開始・・・

  .愁螢殖毅娃mlを300/Hで・・・輸液ポンプを使っての点滴です

  吐き気止めを側管より注入・・・

  先生がみえて、ナベルビン(抗がん剤)50mlを5分程で落とす

  だ舷250mlを500/Hで・・・

  ゥ献Д爛供璽襦聞海ん剤)130mlを200/Hで・・・

  Ε轡好廛薀船鵝聞海ん剤)+生食500mlを300/Hで・・・

  このあたりで血管痛の訴え・・温タオルで温めてあげると軽減!

  Д薀テックG500mlを300/Hで・・・

  頭がボーッとするのと、吐き気を訴える・・,,抗がん剤3種類

  合体して、パワーアップしてるんだろうなぁ・・・この時点で、時は

  すでに17時半・・・

  ┘泪鵐縫函璽襭械娃ml(利尿剤)300/Hで・・この薬液はかなり

  血管痛があるらしい・・いったん治まっていた血管痛だけれど

  この点滴では かなり痛いと言い続ける彼・・ちょうど、夕飯が

  きたので、ご飯茶碗の上にルートを置いて温めたところ やっと

  軽減したみたいだ・・(ほんとに薬液の通っている部分をさわって

  みるとヒンヤリ・・・氷をずっとさわっていると感覚が麻痺して

  痛くなりますよね・・あんな感じですー)

  生食250ml+リンデロン(抗生剤)を300/Hで・・・

  途中で口の中の不快感と寒気の訴えあり・・・(熱がでるかなぁー)

  19時20分・・9本の点滴がやっと終了した

  食欲はなかったけれど、スイカを一口サイズに切ってあげると

  美味しい!といって全部食べてくれた(^^)v

  丸1日かかった点滴(拘束感)に疲れたのか、抗がん剤のせい?

  なのか・・ベッドの上でウトウトしながら・・悶えているよー

  きっと、全身に抗がん剤が回って 正常なDNA達が なんだよー

  って非常事態宣言を出して パニくっているのかなぁ・・・・・

  それとも、癌(がん)細胞抗がん剤が闘っているのかなぁ・・・・・

  なんとかしなくちゃ!!愛の種に最初から農薬かけていたら

  芽もでないうちに枯れちゃう・・(>.<)

  彼の腕をさすりながら、私の心は副作用打開策を あれこれ

  検索していた・・・治療の本質を見失わないように・・・

  彼との共有できる時間の本質を見失わないように・・・

 

癌と共存!仮退院!今やりたい事、やらなければならない事・・

          仮退院!癌を感じながらの想い出づくり・・

 

  仮釈放(笑)された1週間・・・彼は、はたから見れば まるで

  生き急いでいるかのように 積極的に行動した・・・

  退院した帰りの道すがら、まずは競輪に!!(競輪だけは

  最後の入院の瞬間まで 買いに行きました・・)

  そうそう・・この日はスロットにも(笑)・・(感染症なんて言葉は

  綺麗サッパリ彼の頭からは消えている??

  翌日は、彼も私も お互いの職場に挨拶に・・・

    ・・そして その夜は・・・

  流星群の夜・・初めて二人が出逢った、想い出の海に・・・

  彼の息子さん、私の子供たち・・みんなでバーベキュー&花火大会

  食べた事のないような高級なお肉を・・・

  食べきれないほど たくさん買って・・・みんなに振舞った彼

  BGMに 大音量で 長渕の曲を流し・・

  それぞれが いろんな想いを抱えながら・・

  彼との時間を 共有していた・・・

  花火の終わりに あまりにもタイムリーに流れた曲・・・

  ♪しあわせになろうよ♪・・・これはになる前・・

  偶然つけたラジオから流れてきた この歌を、二人で聴いた時

  言葉も出ないまま 二人抱き合って泣いた・・二人のテーマ曲

  ともいえる歌だった・・

  今でも、まだこの歌だけは聴けずにいる私・・・

  波打ち際で 夏の風に乗って この歌が流れてきた瞬間、

  現実を直視してしまったかのように 誰一人として言葉を

  発することなく 全員泣き出してしまった・・・

  彼との想い・・彼への想いが涙という表現になって流れた・・

  今でも、この日撮った家族写真は、全員が焼き増しして

  持っている・・・本当に忘れることの出来ない夜だった・・・

 

    その2日後、彼の生まれ育った東京へ・・・

  私を 喜ばせようと まずはディズニーシーで1日遊びまわる・・

  計画なしの、思いつくままの旅行・・・遊んでる途中、彼は突然

  ディズニーシーの中にある、ミラコスタで宿泊予約したものの

  夕食後・・「やっぱり、1泊5万はもったいないなー」と気が変わり

  「ふける(トンズラ)ぞ」と言い出した彼・・・「キャンセルの連絡

  しなくていいのー?」と言う私に、「いいのいいの!」とハラハラ

  している私をみて笑う彼・・・割引券たくさんもらったまま・・・

  ミラコスタさんゴメンナサイ!彼の行動には本当にいつでも

  ハラハラドキドキ・・・私の心臓が弱ること間違いなし!!

  どこに泊まったかってー?ラブホですぅー(爆)

  翌日は、東京にきた第一の目的・・数年ぶりに会うという

  彼のお姉さんの住む国立へ・・・

  もちろん、彼の生まれ育った街でもあるわけで・・・

  駅前から、ひとつひとつの子供の頃の想い出を確かめる

  かのように、歩いて駅前の並木道をノスタルジックに散策・・

  学生の頃の集合場所だったという、一ツ橋大学の構内に

  ある銅像の下で 少しの間タイムスリップしてる彼を 少し

  離れた場所から見守っている間・・なぜだか心が痛かった・・

  その後、溜まり場だったという羅生門という喫茶店を探しあて、

  今でも営業している事に大感激の彼!しかも、当時のママが

  おばあちゃんながら、現役で店にいたことに 懐かしさは倍増!

  嬉しくてしかたない様子・・・考えてみたらスゴイことだよね♪

  喫茶店を出た頃から 彼の表情に疲れが見え始めてきた・・

  仮退院してから、ずーっとハイテンションだったものネ・・・

  鎮痛薬を飲ませて、少しゆっくり歩くことに・・・

  明日には帰るものの・・この状態が続いた事を想定すると、

  ロキソニン(鎮痛薬)の数が少し心もとない・・・・

  不安になってきた・・・彼は「大丈夫だよ」というけれど・・・

  私が「大丈夫じゃないっ!」・・・「ちょっと待ってて!」と、

  駅前の通りを歩いている時にチェックしていた「クリニック」に

  駆け込み 迫真の演技?にて あっさりロキソニン10錠GET!

  (もちろん、本人以外が急に飛び込んで 簡単に出してくれる

  薬ではありません!クリニックの先生からも 本来はこういう形

  では絶対に出せませんから!緊急ということでだしますからね!

  と、念を押されて処方してくださいました!

  彼は、薬を見ると・・首をすくめ・・「さすがだね(笑)」と・・・

  降参!の笑顔・・・

    薬も不安なし!となったところで・・お姉さんと再会!みんな

  集まり、ここでも想い出づくりの一夜が、あっという間に過ぎていった

  ひとつひとつの行動の奥深くには、確実に癌との共存が存在

  しているという事を 実感せざるを得なかった・・・

 

癌と共存!マイペース?の入院生活・・・4

  (先週突然PC壊れて、入院してました(><)本日退院(笑)・・)

      ・・・二人の入院生活確立!・・・

  2回目の抗癌剤治療終了から1週間後・・・

  仮退院決定!!すでに、入院生活に退屈しきっている彼は

  とっても嬉しそう☆(^^)/

  午後からのX-P(胸写)も足取り軽く・・・

  とても、末期癌患者さんには見えない・・(笑)

 

  余命時間を聞いた翌日・・外出許可をもらい・・6時間程自由の身に!

  自宅に寄った後、街に・・・

  まずは、大好きなラーメン屋さんに・・・♪

  ・・入院して1週間は もの珍しさから病院食を食べたものの

  あとは、「マズイ!」と言って まったく手をつけなくなった彼・・

  それ以降は、スーパーで食べたいものを買ったり、私が作って

  行ったり、近くのファミレスに こっそりと抜け出して行って食べたり

  自由気ままな食生活!  さすがにラーメンだけは近くになくて

  食べれなかった為、何はさておき・・開店直後のラーメン屋さんへ!

  全部は食べれなかったものの・・満足した様子♪(よかったね)

  その後、いくつかの用事を済ませて・・デパートに向かう彼・・・

  「何か買いたいものがあるの?」と聞くと・・

  「結婚指輪!」と即答!

  長時間の久々の外出で疲れているだろうに・・彼はニッコリ笑い

  「好きなものを買いなさい」 と・・・

  昨日の余命告知で 二人とも想いが溢れていたのもあり・・・

  長いことリングを見つめたあと、とてもシンプルだけれども

  とてもキラキラ輝いていたリングを選びました・・・

  ・・・このリングのように今きらめいている彼の命・・・

  店員さんに、「いつが、ご予定ですか?」と聞かれると、彼は

  即座に、「今!」・・「今、この場ではめてあげたいんだ・・立ち合って

  くれる?」と・・・

  前代未聞??お店のスタッフ全員、立ち合いのもとでの指輪の

  交換・・こみあげる想いが溢れる中・・・・左手薬指のリングが 

  きらめいていた・・・

  いろんな想いが迷走した1日だった・・・

    3日後・・・X-P(胸写)の結果もよかったことから・・

  夕方、仮退院の許可がおりる・・・

  この後、嬉しくてしかたのない彼は、明日という日が待ちきれず

  20時過ぎに 顔をみせた彼の息子さんと・・秘密会議の後、

  脱走を企てる・・・(言い出したら聞かない彼の性格をよーーく

  知っている私も もちろん共犯です・・(汗))

    消灯後、こっそり・・3人で抜け出しました・・・

  布団を丸め、人が寝ているように見せかけ(バレバレ!)

  心苦しいので、一応自筆にて書き置きを残し・・自宅へ・・

        書き置きの内容ですか?(笑)・・それは・・

  「白衣の天使さま!明日の退院時の入院費の金策に出かけて

  きます。ちゃんと退院までには帰るので 心配しないでね・・」と

  ・・真夜中・・病院からの「着信の嵐」は言うまでもないですね(汗)

  (看護師さんゴメンナサイっっ)

  そういうわけで、脱走は あえなく発見されちゃいました・・・(笑)

  ・・翌朝、病室に戻ると 待ち構えていたかのように 先生が来室・・

  先生→「昨夜は 真夜中にTELでおこされましたよ(笑)」

  彼→「どうも!おかげで入院費払えそうです(^^)v」

  こうして、私たちは脱走前科1犯!要注意患者に認定されました♪

  ・・・10時、初めての入院生活からの開放です・・・

Amazonライブリンク
Profile
Amazonライブリンク











♪ランキングに参加しています♪
  ★応援してね★
人気blogランキングへ

















チェッカーズに登録

livedoor Readerに登録

livedoor Blog(ブログ)

livedoor (ライブドア)

Syndicate this site