癌((がん)と共存!愛は癌(がん)よりも強し!心と体のケア法☆

彼の癌と共存した2年間で学んだ癌の知識、試した癌の治療法・抗癌剤、代替最先端治療、サプリ、ホスピス、在宅ケアまでの全ての情報を 今、闘病で辛い想いをされている方に伝え、少しでもお役に立てればとの想いから発信する実体験ブログ

キミを探しに〜5


hakusan



キミに逢いたくて

心を・・・深く深く・・

みつめてほしくて



キミに触れたくて

心を・・・強く強く・・

抱きしめてほしくて



朝は海へ・・・昼は山へ・・

キミを探しに旅にでた





 hiyosibaru


キミを探しながら・・・

心をみつめていたんだ


生きているから・・
生きてゆくため・・

今の想いはあるんだよね

今日を生きるために・・



秋の風が・・海に山に翔ぶ

キミを探しながら

秋の風に切なくなる心



キミ色の海5

 

 eac526b9.jpg

 

   キミが大好きだった
   この場所に立ち

 空を見た・・・見つめた。

 聞いてほしい想いが
 涙になって溢れでる


 テトラポッドに佇み
 流れる雲にキミを探す

 
 大きく小さく・・寄せては返す波に
 キミの声が融けて
 揺れる心をやさしく撫でる


 たしかなるキミが映る八月の空・・・
 動けない心を
 そっと抱きしめてくれる風が降りてきた
 呼吸をすることを思い出させてくれた
 キミは風のなか・・・




            





  

 

風に乗って〜5

94f74370.jpg



















毎年、そうなのだけれど
七夕の月の基地は
ほんとうに、基地そのものが七夕。

笹だらけで・・・
キミのところへの道が「かくれんぼ」

イタズラ好きのキミの演出は
最高のサプライズ

キミが宙に還って
探検することがなくなった・・山での探し物
わざわざ、集めてくれたんだね

キミのひとつひとつの細胞が
そこに再生しているかのように
姿を現す命たちに・・・
そして、甦ってくるキミとの日々に
命のエネルギーが注ぎ込まれてゆく


この手に触れたいキミは
やっぱりいないけれど
キミを感じることで
その切なささえも愛しさであふれる


キミと過ごした、どんな小さな時間でさえ
この場所にくると
全身を駆け巡ってゆく

風に乗って
キミはいつでも私に
生きているということを教えてくれる
自然に遊ぶことを・・・感じることを・・・
そして生きる、ということを教えてくれる


風に乗って・・・
光りに融けて・・・
キミは微笑んでいる 

この空の彼方に・・・5

キミと出逢った
あの日の空をふと想いだした

あんなにも
たくさんの星が降る夜は
きっと・・・私の今生では無いだろう


キミがもしも今
この空を自由に翔んでいるならば

そっとこの胸に忍びこんで
私の命の灯火を感じてほしい


今を生きるための・・・
明日に繋ぐための・・・

愛の泉は溢れているだろうか

澄んだ想いは
透きとおる風に乗って
空を渡ることができるだろうか
宙へ還ることができるだろうか


キミはいつも
あの日の空のように・・・
私の心に光となって
今もなお輝いているけれど・・・

ひとつずつ
空に還っている小さな光を・・・
笑顔で抱きしめてくれるよね


今日も空には
キミと見たたくさんの幸せが
やさしく煌いている



・・・Dear  you ・・・


思うこと・・・5

思えば・・1年前のこの時期
体がとても重かったりだるかったりしたなァと
今、あらためて思いだした。

検診でドクター呼び出しがかからなければ
体が動かなくなるまで仕事に没頭してただろうな・・
そんなふうに思う。

数日前に緩和ケアの勉強会に参加。
大好きなチャーリーの久々の講演会
もちろん最前列で。

緩和ケア病棟から在宅ホスピスへ〜
この10ヶ月で素晴しい在宅ホスピスを確立してきた先生は
本当に今が充実しているのが伝わって・・
とてもキラキラ輝いていた。

最期の場所として、何処を選ぶか・・・
もちろん希望が叶わないことも多いし
現代の家庭事情もある。

ペインコントロールの現状と連携の理想・・
最新の薬剤の組み合わせ等を聞いていて
ゆふみ病院で先生に出逢った時のことを思いだした。
まず、触れてくれたこと・・
そして「辛かったね」と言ってくれたこと・・
ただ薬剤を処方するだけでは痛みはとれない
その痛みも、痛みに耐えてきた心も受け止めて
はじめて緩和ケアははじまる気がする。

今は、癌と診断された時からが緩和ケアは始まる
チームで関わることの大切さ・・・
治療法がなくなっても、絶対に見捨てないでくださいと
言われていました。


そして心に残った言葉
・・人はしなやかな心をもっています
(自己の弱さ・内的自己の探求・価値観の変化・
新しい自己の再発見〜患者さんが自分自身を乗り越えてゆく)

・・最期の瞬間まで人は成長することができる

・・人は最期まで笑顔でいられます

そして、最後に
「生きるということは ひとのために尽くすこと」という
山田泉さんの言葉で講演を終えました。

チャーリーの在宅ホスピスと共に
私の癌治療は始まりました・・・
この10ヶ月の時間の体験は、とても貴重なもので
今、仕事復帰して、あらためて感じるものがあります
想いばかりが先走らない・・そんな実感を得ています

ゆっくり心を込めて、患者さんに寄り添っていきたい
そんなふうに思っています







Amazonライブリンク
Profile
Amazonライブリンク











♪ランキングに参加しています♪
  ★応援してね★
人気blogランキングへ

















チェッカーズに登録

livedoor Readerに登録

livedoor Blog(ブログ)

livedoor (ライブドア)

Syndicate this site